JECTEC 一般社団法人 電線総合技術センター
homeJECTECについて各種お申込み書式会員リストSITE MAPENGLISH

JECTE概要

     

ご挨拶

 電線・ケーブルは私たちの社会や生活を支える重要なインフラ、あるいは部品です。この電線・ケーブルに火災や外傷などでひとたび不具合が発生しますと、ここ3年間でも大都市の大規模停電、電車の長時間不通、大規模火災への拡大など大きな社会的事故につながってしまったことは記憶に新しいことと思います。JECTECは、第三者試験・認証機関として、厳しい目で電線・ケーブルの製品安全評価を行うとともに、様々な技術活動や研修・セミナーの開催などを通じて安全安心社会の構築、環境にやさしい技術の発展に尽くすべく努力しております。
 さて、JECTECは1991年に設立され、経済産業省ならびに会員各社からのご指導、ご協力のもとに成長し、2016年2月8日に設立25周年を迎えることができました。ここまでご支援いただきました関係各位の皆様に改めて感謝申し上げます。 節目の年を迎えるにあたり、2030年を目標として、JECTECの将来像を描こうと職員全員で議論を重ねて参りました。そして“JECTEC 2030 あるべき姿”として宣言にまとめ、心新たに活動を開始したところです。今後も皆様からのご支援、ご鞭撻を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

JECTEC詳細

事業活動方針
 次の4項目を目標に活動し、安全安心社会の構築、環境に優しい技術の発展など、社会の多様なニーズに応えていきます。
(1) 電線・ケーブル評価技術に関し、世界トップレベルの技術力醸成
(2) 電線産業に係る技術・技能の伝承など、技術サポート機能の充実
(3) グローバル化を推進するための国家規格・国際規格策定への貢献
(4) 人財の確保・育成と事業基盤の安定化
平成30年度重点取組事項
(1) 先進的な技術課題に対し、実効性のある調査研究を推進する。
(2) 魅力ある研修・セミナー事業の継続的な運営に取り組む。
(3) 質の高い試験、検査及び認証業務を遂行する。
(4) 財政基盤の安定化を目指した事業展開を図る。
(5) 求められる人財像とその確保・育成のための方策を策定する。

JECTEC詳細

一般社団法人電線総合技術センターは、業務上取り扱う各種情報が漏洩もしくは不適切に使用された場合、会員又は
顧客に大きな損失を与えうることを認識し、情報セキュリティマネジメントシステムの構築を経営上の重要課題として位置付け、本基本方針を制定します。そして、本基本方針を全役職員に理解、遵守させることで、情報セキュリティの維持向上を図って
いくことを宣言します。

(1) 情報資産の定義
当センターの事業活動において入手した情報、当センターが業務上保有するすべての情報を対象とし保護します。

(2) 情報セキュリティに関する法令・規範等の遵守
情報セキュリティに関係する法令、国が定める指針、その他の社会的規範などに精通するとともに、これを遵守します。

(3) 情報セキュリティマネジメントシステムの構築
情報セキュリティに関する統括組織として「情報セキュリティ委員会」を設置し、委員会活動などを通じて、情報セキュリティ対策のためのマネジメントシステムを確立・推進・維持し、その有効性を継続的に改善します。

(4) 情報セキュリティに関する教育・訓練の実施
当センターの事業活動において、情報資産を適切に取り扱うことの重要性と社会的責務を理解し、情報セキュリティに対する意識の向上と必要な力量を身に付け維持するため、継続的な教育を実施します。

JECTEC詳細

(1) 個人情報保護宣言
個人情報取扱事業者たる一般社団法人電線総合技術センター【JECTEC】(以下「当センター」と記述します)は、お客さまの氏名、住所、電話番号、その他の個人情報の適正な保護を重大な責務と認識し、このプライバシーポリ
シーを宣言します。

(2) 関係法令等の遵守
当センターは個人情報の保護に関する法律、関係省庁のガイドラインその他の関係法令等を遵守し、個人情報を適切に取り扱います。

(3) 利用目的等
お申込み、お問合せにていただいたメールの内容及びメールアドレス(以下まとめて「取得情報」と記述します)は、以下の目的以外には使用しません。
・請負契約遂行のための諸連絡、お問合せ・ご意見などへの回答
・カタログや試験品などの発送に関わる事
・当センターの事業(研究・研修・セミナー等)のお知らせ

(4) 第三者への開示・提供
・メールの送信者の同意がある場合
・法令等により開示を求められた場合
・メールの送信者および公衆の生命・健康・財産などに対する重大な損害を防ぐために必要な場合
・メールの送信者から取得情報の開示・変更・削除等の請求を受けた場合には、ご本人であることを確認させていただいた上で、特別な理由がない限り請求にお応えします。

JECTEC30

 JECTECは、2016年に設立25周年を迎えることができました。設立後四半世紀が経過し、時代、社会、業界からの要請、期待が変化している中で、自分たちの生い立ち(我々はどこから来たのか?)、現在の姿(我々は何者か?)を改めて認識し、これから進むべき道(我々はどこへ行くのか?)をどこに定めるかについて、職員全員で討議を重ね、このたび2030年を見据えた「JECTEC 2030あるべき姿」を次のとおりまとめました。

2030年JECTECは、電線・ケーブル評価技術を柱とする製品安全評価の
先進技術集団になり、安全安心社会の構築、環境に優しい技術の発展など、
社会の多様な要求に応えていきます。

【達成イメージ】
(1) そこでは、最先端評価技術の研究・開発が行われている。
(2) そこでは、最先端製品の評価が行われている。
(3) そこでは、プロフェッショナルが集い、製品安全を保証するための標準化が行われている。
(4) そこでは、世界の技術者、若手研究者からの求めに応じて技術支援、技術伝承が 行われている。
(5) そこでは、製品安全、評価技術の情報が集められ、社会に発信されている。
(6) そこでは、評価技術と組織力を進化させ、幅広い分野への展開が行われている。
pagetop