電線・ケーブルの認証・試験研究・研究開発・情報交流・人材育成・マルチクライアント研究  一般社団法人 電線総合技術センター【JECTEC】静岡県浜松市北区新都田1-4-4

LCA関連情報
トップ > 研究開発/LCA関連情報
サイト内検索
 
文字サイズ
小 中 大
LCA関連情報
LCA(Life Cycle Assessment: ライフサイクルアセスメント)とは、原材料の採取(銅鉱石の採取等)から製造、輸送、使用、廃棄、リサイクルに至るすべての過程を通して、製品が環境に与える負荷の大きさを定量的に評価する手法です。電線総合技術センターでは、環境問題への取り組みの一環としてLCA関連の調査研究に携わってきました。これまで実施してきたLCA関連の調査研究のうち、公開可能なものについて、ホームページで順次公開していきます。
 
   
電線のPCR(製品種別算定基準)
 
 LCAは実施方法が変わると結果が大きく変わってしまいます。そこで、公平性を確保する場合には、予め製品分類ごとに実施基準を決め、その実施基準に沿ってLCAを実施します。この実施基準は、PCR(Product Category Rule: 商品種別算定基準)と呼ばれ、対象範囲や製品仕様、LCA計算の条件やルール、使用や廃棄等のシナリオ、データの収集方法等が記載されています。
  2009年度のマルチクライアント研究にて、建設電販用電線(IV, CV, VVF)のPCRを作成いたしました。本PCRには、リサイクル工程等、電線メーカー単独ではLCAを実施し難い工程のシナリオも記載してありますので、本PCRの全部または一部を利用することにより、LCAの実施が従来よりも容易になると考えられます。
 
ダウンロード建設電販用(IV, CV, VVF)のPCR
 
 
     
 
Get Acrobat Reader
 
PDFファイルをご覧頂くために「Get Acrobat Reader」のボタンで、最新のAcrobat Readerをダウンロードして下さい。
 
     
 
     
 
 LCA関連情報に関するお問合せは
研究開発部
橋本部長
TEL/053-428-4684(直通) FAX/053-428-4690
お問合せ
 
     
 
▲このページトップへ
Copyright (C) 2014 Japan Electric Cable Technology Center All Rights Reserved.