電線・ケーブルの認証・試験研究・研究開発・情報交流・人材育成・マルチクライアント研究  一般社団法人 電線総合技術センター【JECTEC】静岡県浜松市北区新都田1-4-4

技術サービス 材料特性試験
トップ > 技術サービス/材料特性試験 > 加熱変形試験
サイト内検索
 
文字サイズ
小 中 大
材料特性試験
電線技術グループでは電線・ケーブルの構造検査、機械特性、物理化学特性の調査・試験や、新しい試験方法の開発をしています。
また、電線・ケーブルや被覆材料の促進劣化試験、環境性試験、機器分析や加工技術の調査・研究開発を進めています。
 

加熱変形試験

 
JIS C 3005・JIS K 6723・IEC 60811-3-1・UL 1581・CSA No.0.3・電気用品の技術基準
 
加熱変形試験  
装置仕様
項  目 仕  様
製造者 株式会社 安田精機製作所
型 式 No.185-PC
温度範囲 0〜200℃
測定範囲 測定範囲 Max12mm 最小目盛0.01mm
槽寸法 (幅)800×(奥)400×(高)270 mm
 
   
JIS C3005
 
JIS C3005  
装置仕様
項  目 JIS C3005・電気用品の技術基準
温 度 75・120℃
時 間 加熱30分+加圧30分
荷 重 3〜20N
加圧部 平行板
規格値 厚さの減少率 10〜50%以下
 
   
IEC 60811-3-1 (JIS C3660-3-1)
 
IEC 60811-3-1 (JIS C3660-3-1)  
装置仕様
項  目 IEC 60811-3-1 (JIS C3660-3-1)
温 度 80・90・110℃他
時 間 加圧4・6時間(試料外径による)
荷 重 試料外径による
加圧部 0.70±0.01mm幅の長方形の刃型
規格値 n=3 測定の中央値が絶縁体厚さ平均の50%以下
 
   
UL1581、224
 
UL1581、224  
装置仕様
項  目 UL1581、224
温 度 100〜300℃
時 間 加熱60分+加圧60分
荷 重 250〜2,000g
加圧部 直径9.5mm円柱型(エッジを面取りした物)
規格値 最大変形量 20〜50%以下
 
   
CSA C22.2 No.0.3
 
CSA C22.2 No.0.3  
装置仕様
項  目 CSA C22.2 No.0.3
温 度 100〜300℃
時 間 加熱60分+加圧60分
荷 重 150〜2,000g
加圧部 直径9.5mm円柱型(エッジを面取りした物)
規格値 変形量が20〜50%を超えないこと
 
     
     
 
 加熱変形試験に関するお問合せは
技術サービス部
山崎部長
TEL/053-428-4689(直通) FAX/053-428-4690
お問合せ
 
     
 
▲このページトップへ
Copyright (C) 2014 Japan Electric Cable Technology Center All Rights Reserved.