JECTEC 一般社団法人 電線総合技術センター
homeJECTECについて各種お申込み書式会員リストSITE MAPENGLISH

燃焼試験

EN 45545-2 Annex C Method 2毒性試験

燃焼試験の模式図
【燃焼試験の模式図】











■試験規格:
EN 45545-2 Annex C Method 2
■試験方法:
NF X 70-100-1 & -2
■試験対象:
EN 45545-2における非掲載品
(Non-listed products)
■燃焼温度:
600℃
■燃焼時間:
20分
EN 45545-2は、鉄道車両で使用される材料と部品の燃焼挙動に対する要求を規定した欧州規格であり、毒性評価法はAnnex C項に定められています。
具体的には、材料が燃焼する時に発生する毒性ガスの量を評価する試験で、対象ガスはCO2、CO、SO2、HBr、HCl、HCN、NO2、HFの8種類となります。
試験は部材(ケーブル以外)の用途により面積ベース試験法(Method 1 / EN ISO 5659-2 + FTIR分析)と質量ベース試験法(Method 2 / NF X 70-100)の何れかを選択します。 そして燃焼試験による発生ガスの定量値から毒性指数(CIT)を算出します。 なお、ケーブルについては、EN 50305 9.2項の毒性試験が要求されます。
試験見積依頼書
(見積のみのご依頼にも対応いたします)
試験についての
お急ぎの場合は
技術サービス部長:山崎 まで直接お問合せください。
TEL/053-428-4686(直通)
FAX/053-428-4690
pagetop