電線・ケーブルの認証・試験研究・研究開発・情報交流・人材育成・マルチクライアント研究  一般社団法人 電線総合技術センター【JECTEC】静岡県浜松市北区新都田1-4-4

技術サービス 燃焼試験
トップ > 技術サービス/燃焼試験 > EN 50305 9.2 毒性ガス試験
サイト内検索
 
文字サイズ
小 中 大
燃焼試験
燃焼技術グループでは、電線・ケーブルの火災安全性を評価するための各 種燃焼試験装置を取り揃え、様々な試験に対応しています。
また、ゴム・プラスチック等の素材、建築材料、家具及び家電製品等の燃焼試験についても、ご相談に応じます。
 

EN 50305 9.2 毒性ガス試験

 
欧州規格であるEN 50305は、特殊な耐火災性能を有する鉄道車両用ケーブルの絶縁材及びシース材の試験方法を規定した試験規格であり、毒性評価は9.2項に定められています。具体的には、樹脂が燃焼する時に発生する毒性ガスの量を評価する試験で、評価の対象ガスはCO、CO2、SO2、HCN、NOxの最大5種類となります。
試験は事前に行う定性分析試験により、材料中の硫黄成分と窒素成分の有無を判定し、その結果を基に燃焼試験で定量分析を行うガスの種類を2〜5種へ絞り込みます。そして燃焼試験による発生ガスの定量値から毒性指数(ITC)を算出します。
 
■試験規格:EN 50305 9.2 Toxicity

■試験対象:鉄道車両用ハロゲンフリーケーブルの絶縁体及びシース

■定性分析:ラセーニュ法

■燃焼温度:800℃

■燃焼時間:20分
 
燃焼試験の模式図
 
 
試験の様子
 
     
     
 
 燃焼試験に関するお問合せは
技術サービス部
山崎部長
TEL/053-428-4686(直通) FAX/053-428-4690
お問合せ
 
     
 
▲このページトップへ
Copyright (C) 2014 Japan Electric Cable Technology Center All Rights Reserved.