JECTEC 一般社団法人 電線総合技術センター
homeJECTECについて各種お申込み書式会員リストSITE MAPENGLISH

燃焼試験

EN 50305 9.2 毒性ガス試験

燃焼試験の模式図
【燃焼試験の模式図】












■試験規格:
EN 50305 9.2 Toxicity
■試験対象:
鉄道車両用ハロゲンフリーケーブルの絶縁体及び
シース
■定性分析:
ラセーニュ法
■燃焼温度:
800℃
■燃焼時間:
20分
欧州規格であるEN 50305は、特殊な耐火災性能を有する鉄道車両用ケーブルの絶縁材及びシース材の試験方法を規定した試験規格であり、毒性評価は9.2項に定められています。
具体的には、樹脂が燃焼する時に発生する毒性ガスの量を評価する試験で、評価の対象ガスはCO、CO2、SO2、HCN、NOxの最大5種類となります。試験は事前に行う定性分析試験により、材料中の硫黄成分と窒素成分の有無を判定し、その結果を基に燃焼試験で定量分析を行うガスの種類を2~5種へ絞り込みます。 そして燃焼試験による発生ガスの定量値から毒性指数(ITC)を算出します。
試験見積依頼書
(見積のみのご依頼にも対応いたします)
試験についての
お急ぎの場合は
技術サービス部長:山崎 まで直接お問合せください。
TEL/053-428-4686(直通)
FAX/053-428-4690
pagetop