電線・ケーブルの認証・試験研究・研究開発・情報交流・人材育成・マルチクライアント研究  一般社団法人 電線総合技術センター【JECTEC】静岡県浜松市北区新都田1-4-4

技術サービス 燃焼試験
トップ > 技術サービス/燃焼試験 > 大型耐火炉
サイト内検索
 
文字サイズ
小 中 大
燃焼試験
燃焼技術グループでは、電線・ケーブルの火災安全性を評価するための各 種燃焼試験装置を取り揃え、様々な試験に対応しています。
また、ゴム・プラスチック等の素材、建築材料、家具及び家電製品等の燃焼試験についても、ご相談に応じます。
 

大型耐火炉

 
大型耐火炉はJECTECにおいて認定試験を実施している、消防庁告示第10号における耐火電線評価が主目的の試験装置であり、小型耐火炉では試験できない大サイズのケーブル(導体サイズ1000mm2超(単心)または325mm2超(多心)や耐火バスダクト等の試験に使用される。
 
バーナは炉内左右4つずつ有し、熱電対は制御用として炉内中央の左右に各1本ずつ、その他に温度測定用として炉内奥と手前の左右に各2本ずつの合計6本が設置されており、炉内温度は最高1200度までの昇温能力を有する。試験体設置は、台車挿入式の為大型の試験体の挿入・取出しもスムーズに行うことができる。
炉内温度は制御用熱電対の信号をあらかじめ入力したプログラム温度にフィードバックして、バーナへのガス流量及び炉内圧力(空気流入・排気)の調節をすることによって制御される。このプログラム調節計には様々な加熱パターンを入力することができ、小型耐火炉では制御しにくい急激な温度変化及び、温度を降下させるようなパターン等の温度制御も対応可能です。
 
以上のような特徴から、耐火電線の加熱曲線であるJIS A 1304(30分で840度昇温)以外に、最近ではJIS A 1301の2級加熱曲線(9分で840度昇温−1分保持−20分で150度まで下降)や、ドイツ規格のRABT曲線(5分で1200度昇温(注1)−25分保持−110分で常温まで下降)等に対応した試験も実施することができる。表1.に大型耐火炉の主な仕様を示す。
 
表1.大型耐火炉の主な仕様
項  目 仕  様
装置寸法(内寸) 2,100mm
1,500mm
高さ 1,300mm
ケーブル引出口寸法 300mm×300mm
バーナ 左右各4箇所
空気流入口 左右上部5箇所(計10箇所)
排気口 炉内床面中央1箇所
熱電対 制御用 左右各1本(計2本)
測定用 左右各2本(計4本)
試験体温度測定点数 最大20点
試験体挿入方法 台車挿入式
炉内確認窓 2箇所(台車側)
 
  試験装置外観  
 
試験装置外観
 
  炉内透視図  
 
炉内透視図
 
     
     
 
 燃焼試験に関するお問合せは
技術サービス部
山崎部長
TEL/053-428-4686(直通) FAX/053-428-4690
お問合せ
 
     
 
▲このページトップへ
Copyright (C) 2014 Japan Electric Cable Technology Center All Rights Reserved.