JECTEC 一般社団法人 電線総合技術センター
homeJECTECについて各種お申込み書式会員リストSITE MAPENGLISH

燃焼試験

NFPA262と同様の試験装置(スタイナートンネル)を使用した、建築材料の表面燃焼特性評価試験です。
試験は温度、湿度、室内圧のコントロールされた試験室内に設置された全長約8mの試験炉内に長さ約7.5m幅約0.5mの試験試料を設置し、メタンガスバーナを用いて試料に点火し、延焼性および発煙性を評価するものです。 試験中は炉内圧力を常に一定に保つよう換気が行われます。 試験結果の評価は以下のパラメータによって行われます。
■建材試験とケーブル試験との試料設置方法の違い
建材試験(ASTM E84他) NFPA 262
【建材試験(ASTM E84他)】 【NFPA 262】
■FSI(Flame Spread Index)
試験中の炎の広がり長さとその速さから算出します。

■SDI(Smoke Developed Index)
試験中の試験試料からの発煙量と試験装置の校正に使用するレッドオーク材の発煙量とを比較したものです。
試験見積依頼書
(見積のみのご依頼にも対応いたします)
試験についての
お急ぎの場合は
技術サービス部長:山崎 まで直接お問合せください。
TEL/053-428-4686(直通)
FAX/053-428-4690
pagetop