電線・ケーブルの認証・試験研究・研究開発・情報交流・人材育成・マルチクライアント研究  一般社団法人 電線総合技術センター【JECTEC】静岡県浜松市北区新都田1-4-4

技術サービス 燃焼試験
トップ > 技術サービス/燃焼試験 > 垂直トレイ燃焼試験
サイト内検索
 
文字サイズ
小 中 大
燃焼試験
燃焼技術グループでは、電線・ケーブルの火災安全性を評価するための各 種燃焼試験装置を取り揃え、様々な試験に対応しています。
また、ゴム・プラスチック等の素材、建築材料、家具及び家電製品等の燃焼試験についても、ご相談に応じます。
 

垂直トレイ燃焼試験

 
JIS C3521, UL1685試験 IEC60332-3試験
 
   
JIS C3521, UL1685
 
米国電気学会により開発された試験方法(IEEE383 std. 1974-2.5)であり、最も世界的に認知された、ケーブル燃焼試験であるといえる。日本国内においてもJIS C 3521として規格化されており通信ケーブル、耐火・耐熱電線等の難燃性評価に用いられている。現在ではさまざまな機関によって改良が加えられた種々の試験方法が存在する。IEC60332-3もこの試験の改良型といえる。
試験は、規定本数のケーブルをはしご状の垂直に設置されたトレイに規定の方法で(概ねトレイの中央部に試料外径の1/2間隔で150mm以上となるよう取り付ける)布設し、トレイ下方より規定のバーナによりケーブルを燃焼させ、トレイ上方への延焼性を評価する。
またUL1685試験では、延焼性の他に発煙性、発熱性も評価することができる。
 
■バーナの出力:各規格とも約20kW

■試験時間:各規格とも20分

■その他の試験規格:IEEE1202、CSA FT4
  試験イメージ(JIS C3521)  
 
試験イメージ(JIS C3521)
 
   
IEC60332-3、EN 50399
 
他の垂直トレイ試験との主な違いは、IEC60332-3試験はトレイのサイズが大きく、大掛りな囲いを有している点です。試験は規定本数のケーブルをはしご状の垂直に設置されたトレイに規定の方法で布設し、バーナによりトレイ下方よりケーブルを燃焼させ、上方への延焼性を評価します。依頼されるケーブルは船舶用電線が多いです。また、EN 50399では延焼性に加え、発煙性と発熱性も評価します。
 
試験は、5つのカテゴリーに分類されます。

・Part3-21:Category A F/R
・Part3-22:Category A
・Part3-23:Category B
・Part3-24:Category C
・Part3-25:Category D

以上のカテゴリーは、
ケーブル用途などによって決められている。
  試験イメージ(IEC60332-3)  
 
試験イメージ(IEC60332-3)
 
1本あたりの試料の長さは3.5mで、取り付け本数はケーブル非金属部分の体積によって決定される。試験時間は20分または40分、導体の公称断面積により取り付け方法が密接または間隔に分かれる。試験中は装置前方のドアを閉め、試料の下方から上方に向かって8m/s以上の空気の流れの環境下で実施する。試験合否基準は、バーナより上部に250cm以上炭化しないこととなっている。表1及び表2にカテゴリーごとの試験条件の一覧を示す。
 
表1.カテゴリーA F/R及びA試験方法
項  目 カテゴリー
A F/R A
導体公称断面積(mm2) 35を越えるもの 35を越えるもの 35以下
非金属部分体積(l/m) 7 7 7
ケーブル取付方法 間隔(トレイの表裏両側に取り付ける) 間隔 密接
試験時間(分) 40 40 40
 
表2.カテゴリーB,C,D試験方法
項  目 カテゴリー
導体公称断面積(mm2) 35を越えるもの 35以下 35を越えるもの 35以下
非金属部分体積(l/m) 3.5 3.5 1.5 1.5 0.5
ケーブル取付方法 間隔 密接 間隔 密接 密接
試験時間(分) 40 40 20 20 20
 
「IEC60332-3試験は他の垂直トレイ試験(IEEE383、JIS C 3521等)と比較して厳しいか。」という質問がございますが
ケーブルの構造や材質等の違いにより簡単に比較しにくい部分があるのが現状です。
 
     
     
 
 燃焼試験に関するお問合せは
技術サービス部
山崎部長
TEL/053-428-4686(直通) FAX/053-428-4690
お問合せ
 
     
 
▲このページトップへ
Copyright (C) 2014 Japan Electric Cable Technology Center All Rights Reserved.