電線・ケーブルの認証・試験研究・研究開発・情報交流・人材育成・マルチクライアント研究  一般社団法人 電線総合技術センター【JECTEC】静岡県浜松市北区新都田1-4-4

技術サービス 電気特性試験
トップ > 技術サービス/電気特性試験 > 通信ケーブル特性自動測定装置
サイト内検索
 
文字サイズ
小 中 大
電気特性試験
電線技術グループでは、送電用電線(ACSR,硬銅より線,亜鉛めっき鋼線)、電力ケーブル(主として配電用ケーブル)及びその付属品、
情報通信用ケーブル(同軸ケーブル、ツイストペアケーブル)の電気的・機械的性能評価試験や絶縁材料の電気的特性の測定・評価を行っています。
また、絶縁材料の電気的劣化に関する基礎的研究や各種断線事故原因調査に関連する試験研究も行っています。


通信ケーブル特性自動測定装置(LANケーブル等)

 
測定規格:EIA/TIA-568-C.2
 
通信ケーブル特性自動測定装置(LANケーブル等)  
装置仕様
測定周波数
〜600MHz・・・25対端子装置使用(UTP、STP用)
〜1GHz・・・4対端子装置使用(ISTP用)
システムインピーダンス : 100Ω
測定項目
高周波測定 入力インピーダンス(Zin)
特性インピーダンス(Z0)
反射減衰量(RL)
構造上の反射減衰量(SRL)
挿入損失(IL)
近端漏話減衰量(NEXT)
遠端減衰対漏和比(ACRF)
電力和近端漏話減衰量(PSNEXT)
電力和遠端減衰対漏和比(PSACRF)
伝搬位相速度(VOP)
伝搬遅延(DELAY)
伝搬遅延差(SKEW)
横方向変換損(TCL)
等レベル横方向伝達変換損(ELTCTL)
低周波測定 ループ抵抗
抵抗不平衡
抵抗差
相互キャパシタンス(線間静電容量)
静電結合(対大地間)
静電結合(対シールド間)
導体抵抗
 
     
     
 
 通信ケーブル特性自動測定装置(LANケーブル等)に関するお問合せは
電線技術グループ
山崎部長
TEL/053-428-4689(直通) FAX/053-428-4690
お問合せ
 
     
 
▲このページトップへ
Copyright (C) 2014 Japan Electric Cable Technology Center All Rights Reserved.